借りる時と返す時のお金の重みって違いますね

一度してしまうと、癖になってしまう借金。
出来ればお金なんて借りずに済ませたい。自分の収入の範囲内で暮らしたい。なのに借りてしまうのはどうしてでしょうか。
そんな人はもうすでに「負のスパイラル」にはまっている状態にあるのです。

1万円を借りる時、人にとってお金は1万円という重みがありません。
次給料が入ったら返せばいい。すぐに返したらいいんだ、そう思って借りてしまいます。
たった1万円でしょ。すぐ返せると安易な気持ちで借りてしまいます。

でもいざ給料が入ってくると、限られた給料で返す1万円は非常に大きく感じます。
あの時1万円借りなければ良かったのに、なんて思ってももう遅いです。
使ってしまってありませんからね、どんなに思っても1万円を返さなくてはいけません。

そしてまた給料日前にお金が足りなくなります。
だって、今月は給料から1万円返済してしまいましたから、いつもより1万円手元にあるお金が少ないんですから。
たった1万円と思って軽い気持ちで借りることから、結局借金はいつまで経っても辞められない、辞められないどころかますます借金を増やしてしまうなんてことになりかねません。

1st / / コラム